賃金を上げろと言うけれど、自分が経営者ならどう考えるか?

企業にとって賃金を上げる効果があるか?

首相賃上げ要請 中小や非正規にも広げたい(読売新聞)

賃金が上がれば、消費も増えて、景気も上がる。
そういう方程式を当てはめるべく、政府は企業に「賃上げ」を要求しています。

もちろん「賃上げ」出来ればいう事ありません。
企業だってできればやりたいでしょう。

賃上げ

しかし、先行きが見えない中、備えておこうというのは当然です。
自分が会社の経営を任されていたら、そうすると思います。

会社にとっては「賃上げ」することでそれ以上の効果がない限り
給料を上げるなんてことはないでしょう。

税金で取られるぐらいならと思っても、それはボーナスという形になります。
やはり固定化させたくない。

さらに言うと「賃上げ」どころか「賃下げ」を狙っているでしょう。
ちんを上げ下げって・・

で、こうなると会社員はどんどん苦しくなってきます。
そこで「会社はひどい」「政府が悪い」という考えになっても何の得もありません。

ここは考え方を変える必要があります。

会社や行政に頼らない。
もう自分で稼いでいくしかありません。

今は個人で自由にビジネスが出来る時代。
それを活かしていきましょう。

デビューカフェ
デビューカフェ

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン

Follow me!