くじらが食べたい

やるじゃないか日本政府!

国際捕鯨委員会(IWC)脱退!
わたしは喜ばしいと思う。
話し合いで解決だ。
ということで30年話し合ってきたけれど、全く進展の余地がないこのクソ委員会。
そりゃそうでしょう。反捕鯨団体シーシェパードと一緒で金になるから反対しているだけ。
日本は資源や絶滅のことを考えつつ、増えすぎたクジラもいることだし、そこをちょっと取らせてよと譲歩しているのに絶対だめだと言う。
クジラを取らなくても日本は食料に困っていないと欧米人は言うが、クジラを取れなくして、油だらけの牛肉を無理やりくわされとるんじゃーと言いたい。
(いや、ビーフ大好きですけどね)

大体、アメリカとか昔は油取るだけのために大量に殺していただろう。
日本はクジラの全てを利用しているんだ。
やつらとクジラの扱いが全く違うと言いたい。
欧米のやつら(北欧除く)は羊や山羊を生贄とかいって残酷に殺しているのにクジラはかわいそうだという。
別に遊びで殺しているわけではない。
だったら牛や豚や鳥だって同じだろう。
野菜だってかわいそうだ。
じゃあ、何も食わずに死ねと言いたい。
大体、奴隷とかいって人間も軽く扱っていた人たちに何もいう権利はないだろう。
そんなやつらと話し合っていても意味はない。
勝手にやらしてもらおう。

しかし、日本はしっかり守る国

で、脱退したら自由にクジラを取りまくれるのかと思いきや、日本はIWCの基準量は守るし、どれだけクジラを取ったかを報告すると言う。
なんて律儀な国なんだ。私は誇りに思います。

クジラを普通に食べられる日

さて、IWCを脱退したからといって、近海ではそんなにクジラは取れないとなると、まだまだお手頃価格で食卓に上るのは難しいところです。
でも、あのさっぱりした赤身肉、ああー食べたい。
普通に出回れば日本人の食生活も変わってくると思います。
ハリハリ鍋を厚揚げでなくクジラで食べる日が一刻も早く来ることを期待したいと思います。