この危機、給付・保証はやり過ぎぐらいやっていい。働いて返すやん!

この危機、給付・保証はやり過ぎぐらいやっていい。働いて返すやん!

国民が返せないと思っているのか?

武漢肺炎によって仕事が出来ない人が多くいます。
金がないと死ねと言っているのと同じです。
早くお金を渡さないと死んでしまう人が多くいるのです。
「人命が大事」と言いながら金を出し渋る政府。

ゾンビの私がいつも言っていますが、ゾンビになってから治療しても意味がないんです。
死ぬ前に治療が必要です。
それはスピード。
いつやるのか?

今でしょう!

今死にかけている人を救うのに予算は無制限で良い。
財源?

そんなもんは武漢肺炎が克服され、みんなが元気になってちゃんと仕事があれば返していく。
月々1000円なり取っていけばいい。
とにかく、危機を脱するためには全力でやる。

海に沈んで息が苦しくなったなら、酸素ボンベをケチっている場合じゃない。
海上にでればいくらでも酸素を戻せるのである。

国民、特に日本人は苦しい時にもらったお金は喜んで返す。
ちゃんと働けるようになれば、がんがん働いて返す。
ある意味、担保を得ている借金なんです。
ならば、なんの躊躇があるだろうか。

金持ちや公務員など給付にはそぐわない人もいるでしょう。
けれど、今のターゲットは「今、そこにある危機」を持っている人。
その人達を救うためには不正に得をする奴がいてもいいんです。
そういうやつらからは落ち着いたら回収する策をゆっくり考えればいい。

大けがして血がどんどん流れているのに、輸血はちょっとだけってあり得ないでしょう。
助かるまで輸血する。
輸血するかどうかをいつまでも議論している場合じゃないだろう。

命が助かれば輸血してもらった以上に献血が出来る。

そこをわかってないなあと思う。

国民は給付や補助してもらったお金はちゃんと返しますよ。

国民を信じて、今は命を助けることを主眼に置いて欲しい。

どうも「お金が第一」にしか見えない。

消費税も、5%、0%にしたって、落ち着いたら逆に期間限定で15%,20%にするのもありだと思います。

国民をなめるな!と言いたいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です