副業禁止って奴隷制度か?

副業解禁の動きがある中で、解禁したくない思いが企業にはあるのだろうか。

<副業禁止の主な理由>
・本業に専念できない
・機密漏えい
・別の会社で働く場合、就労時間など手続きが面倒

右肩上がりで収入が伸びていくことが保障され、
お金の心配がないぐらい給料がもらえれば
それでもいいでしょう。

けど、今そんな人がどれだけいるのか。
独り者ならともかく、家族を支えるには
薄給すぎるでしょう。
お金が圧倒的に足りないのに稼ぐな!
では、「死ね」と言っているに等しい。

大体、本業に専念ってなんでしょう。
普通にそれやっているときは専念しています。
プライベートタイムに何をやってもいいでしょう。
ゲームで徹夜して仕事に影響だすことだってあります。
24時間365日縛られたら「奴隷」です。

で、将棋の藤井四段が中学生で就労時間が問題にならないのか?
みたいな話があり、棋士は「個人事業主」だから
全く問題がないと言っていました。

そうそう、これこれ
会社員という囚われた身分だから副業禁止だの話が
ありますが、個人事業主ならそんなこと全く関係ない。

皆、個人事業主となって働けばすっきりするのではないかと思います。

これからの世の中は収入面とスキル面、リスク対策を考えると
副業というより「複業」は必須です。

もう、やらないと生き残れないのに
「禁止」ってひどすぎます。

沈む船から逃げ出す準備が「禁止」されているようなもの。
それでは溺れて死を待つだけです。

個人ビジネス始めよう!
【デビューカフェ】

会社の奴隷