新聞講座

<ひとつ上の上質な情報に触れる>

新聞って超お得な情報パックだと思うんです。

何しろ、分野が広い。

政治、経済、国際情勢はもちろん
歴史や文化、地域や暮らし
家庭、育児、介護、医療、
スポーツ、芸能、3面記事、
株式、漫画、テレビ案内、
コラムに社説、
時には入試問題など。

これだけ詰め込まれた情報媒体はありません。

しかも取材などきちんとして推敲して
添削して校閲をした質の高い情報です。

新聞社として責任を持っているものです。

もちろん思想とかで歪められていたり、
願望で書かれているものもありますが、
ネットとは比べ物になりません。

そして何よりお金を払って購読するということが大切です。
少ない給料から月5000円近くを払うのは苦しいかもしれません。
しかし、だからこそなんです。
お金を払っているから元を取ろうと必死で読みます。

と同時に「情報」にお金をキチンと払う感覚も持って欲しいというのもあります。

最近は何でも無料、無料です。
でも、自分で記事を書いてみるとわかりますが
1000字書いて、めっちゃよくて1000円です。
100円とかもあります。

自分の会社の売っているものが無料になったらどうなりますか?
そのあたりも新聞を購読することで感じて欲しいと思います。

そして新聞はただ漫然と読んでいても100%活用できません。

新聞の法則と言いますか、ルールがあります。
それを少し知っているだけで一目置かれることもあります。

例えば新聞の上部の枠にある「XX版」というのがあります。
これは新聞の刷られた時間です。正午からカウントするので
13版だと深夜午前1時に刷られたもので、2時に刷られた
14版の方が新しい情報が載っています。
地方など遠くに届けるのに時間がかかりますから、早く刷ったものを。
都会で近いところは出来るだけ最新情報を入れて印刷します。

常に新しい情報を届けようという執念みたいなものを感じます。
速報性はネットには適わないのだから、1回刷ればいいのでは?
と思わないこともありませんが、そこは新聞の矜持があるのでしょう。

それはともかく、やはり新聞読んでますといって「バカ」と思われることはないし、
新聞というものがどういう構成で書かれているか、どこをポイントに読めばいいかを
知っていると一目置かれるのは間違いありません。

新聞お勧めですよ♪

理想の人生にシフトする新聞活用セミナー
新聞活用講座