災害の危険を経験して対応も変わったなあ。

台風ふう
関西は週末、台風直撃でした。

昔と変わったなと思うのは、災害に対する対応。

土曜日からファザーリング・ジャパン関西の
親子ブートキャンプが予定されていましたが、
前日の昼過ぎには早々と中止が決定。
地域の祭りやイベントも軒並み中止になりました。
子供たちはがっかりだったでしょう。

土曜日は深夜になるまでは平穏な天気で
これなら出来たんじゃないか・・と思ってしまいます。
しかし、自治体など主催者はスパッと決めました。

これは昨今の災害の被害が尋常ではなく、
危険がある程度わかっていながら強行するリスクなど
環境が変わったなあと感じました。

祭りなどイベントはそれなりにお金がかかっています。
出店も仕入とかありますし、収入にも影響します。
なので簡単に「中止」というわけにはいかないところもあります。

しかし、今は決断しやすいと思います。
「危ないな」と少しでも思えば「中止」が妥当でしょう。
「中止」とすることへの理解も深まっていると感じました。

土曜日に関して言えば、深夜に入って家が吹き飛びそうな嵐になりました。
時間がずれていたら、かなり危険だったと思います。
「中止」の判断は間違っていないと思いました。

あと、昔は台風というと馬鹿サーファーが大荒れの海でサーフィンをやっていましたが、
報道を見る限り、そういう馬鹿はいなくなったようです。
これはネットの力ですね。
そんな迷惑なことすれば、叩かれまくるのは目に見えていますからね。
まあ、炎上させたければ格好のネタかもしれませんが、死にます。

自然への畏れを思い出したことはいいかもしれません。

Follow me!