ネガティブのススメ

ポジティブよ。さようなら。

良い言葉、良いイメージ。
ありがとう、感謝、ツイてる、幸せ、良いことある。
言葉で言い続け、文字で書き続け、ポジティブに考える。

実にすばらしく、普段はそうであったほうが絶対いいと思います。

私がイメージトレーニング講座をプロデュースするのもこの為です。

しかし、人間弱いもので、どうしてもポジティブになれない時があります。

そんな時に無理やりポジティブに良いように考えるのってしんどいですね。
「私は幸せだ!」と笑顔で言ってみても、心の中、潜在意識では「私って不幸だ」と思ってしまいます。

幸せだ、良いことある、自分は素晴らしい、最高と言ってみても、潜在意識では全く逆を思い浮かべます。
だから、言葉とは裏腹に「不幸だ、悪いことがある、自分はダメだ、最低」と思っています。

このネガティブな感情が本当の声となるので、どんどん悪くなっていくわけです。
人間って結構天邪鬼なのかもしれません。

ネガティブでいることがポジティブになる

逆に考えてしまうのであれば、そうもうネガティブになってしまいましょう。
しかも、中途半端じゃいけません。
もうとことん。

自分は価値がない、人気ない、モテない、お金ない、能力ない。
奴隷、最低、最悪、みんな嫌い、思いつくだけ悪いこと、自虐、自己否定どんどんやります。

これ意外と気持ちが良いというか、気持ちが楽になります。
一気に底辺の最低になるので、変な気負いはなくなります。

願望、夢を全て棄てます(一時的にね)。
なんか楽ですねえ。

誰にも腹が立ちません。
だって、カスみたいな自分が生かしてもらえるだけで感謝と思います。
良い人も止められます。
ポイ捨てとかちょっと悪いこともします。

そうやって自分を貶めて、貶めまくる。

するとある時気が付きます。

実はそんなに悪くない。と・・・

自分はカスだ。と言っても「そこまでではない」と思っています。

どうせ自分は人気ない。誰も興味ないだろう。
と言っても、「いや、少しは人気ないだろうか?」とか考えています。

そう、ネガティブに考えれば考えるほど、実に肯定的に自分を考えているのです。
逆に自己肯定感が高まっているのです。

そして、3日も自虐的でいると、正直飽きてきます。
気付けばなんだかリセットされて、意欲も湧いてきて、良い感じのポジティブになっています。

ストレスを感じたら逆をいこう

ポジティブに疲れたらネガティブに
ネガティブに飽きたらポジティブに

良い人に疲れたら悪い人に
悪い人に飽きたら良い人に

社交的に疲れたら引きこもり
引きこもりに飽きたら社交的に

そういう波を自分で作っていくと、良い感じのバイオリズムで良い人生を送れます。

今しんどいなら、とりあえず、ネガティブになっちゃいましょう。


起業家志望ランキング

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI
https://startlikes.com/nariwainari

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン