ネットじゃなく

なんでもネットじゃ~存在している意味があるのか

攻殻機動隊という漫画があります。
IT技術が進んで電脳・擬態(サーボーグ)AIの発達した近未来を描いていて、
ほとんどすべて頭の中のネットでやり取りできます。
フォログラフィで実際に会っているかのようにです。

で、この作品の深いところは「GHOST IN THE SHELL」、「ゴースト・イン・ザ・シェル」という
副題があるように、電脳になった人間の魂(ゴースト)が本物かどうかという葛藤があります。
記憶の書き換え、改ざんは当たり前。では本当の自分とはという問いかけです。

そんな中、攻殻機動隊「公安9課」で唯一生身のトグサが一度、主人公の草薙素子少佐を
呼び出してサンドイッチを食べるシーンがありました。(9課になる前の映画だったか)

その時、ああこれだけネットやAIが発達しても直接会うって求められているんだと思いました。

AIがいくら発達したとしても

なんでも便利、早いからといってメールやライン、スカイプやzoomなどだけで
完結するのってどうなんでしょうか。
ネットで完結するって、もしかしたら生身の人間でいる必要ってあるのか?
なんて思ってしまいます。

ネットだけじゃ嫌だという人もいると思います。
ライブセミナー、セラピー、マッサージ、カウンセラー、アドバイザー、コンサルタント
やっぱり生で息遣いを感じたいじゃないですか。

ネットではパジャマでもいいわけです、けれど外で人に会いに行く。
それなりの出で立ちになるわけです。
その辺りの緊張感とかも違うと思うんです。

でも、忙しい、出ていくの面倒くさいという人もいます。
けどね。毎日会社に通勤できる人ならちょっと出かけるなんて、なんてことはないでしょう。

直接、人が触れ合える場所に集う。そこでお互いのビジネスを披露する。
皆で豊かになるコミュニティー。

デビューカフェはそんな場所を目指しています。

*****************
デビューカフェはセミナーなど個人ビジネスを始められるカフェです。
カフェにお茶を飲みに行くと常にライブか動画のセミナーをやっており、
セラピーやカウンセリングなどのビジネスをしている人がいて、手軽に体験できます。
そして自分もやろうと思ったら始められる。

カフェのお客さんが自分のお客さんになり、お客さんがビジネスを
始めてそのお客さんになったりと皆が個人ビジネスを通して
ハッピーになれる場所です。
****************

そこにはAIとか関係なく人間同士のつながりの中で
狭くて小さいけれどしっかりした関係性が作られる、
そしてビジネスが出来る。そんな場所作っていきます。

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI
https://startlikes.com/nariwainari_info

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン(無料)