会社は簡単には辞められないもの

会社に行くのが嫌だああ。
休日明けなんて死んでしまいそうになる。

本当に死にそうなら、本当に辞めた方がいいです。
ここでは、嫌だけど死ぬほどではない人向けに話をします。

「会社が嫌だ」なんて言うと「じゃあ、辞めればいいやん」と言われることがあります。
でも、そう簡単じゃないです。
「辞める」「辞める」と言っている人は辞めないと言われます。
そう、簡単じゃないんです。

なぜ、簡単じゃないのか?

それは次の見通しが立たないから。
未知なものを恐れるのは人間の本能ですし、安全が確保されなければ現状維持も当然です。
だから、会社を中々辞められないのは普通です。

それでも転職・・というか転社はまだ出来ます。
それは大体わかっているから・・どんなところかを。
転職先が決まれば、会社辞めるのはそんなに難しくないと思います。

しかし、新しい仕事や起業となると及び腰になります。
それも、当然といえば当然です。

まあ、けど現状に特に困っていなければ、中々動けません。
慣れ親しんだ職場、仕事・・・楽ですね。
新しいところに行くとまた一から人間関係を構築して仕事も覚えないといけない。
面倒くさい!
そう思っちゃいますね。

しかし、それでいいんでしょうか?

会社が嫌になっている意味

会社が嫌で嫌で、今すぐ辞めたい。
明日、会社にミサイルでも落ちてくれたらいいのに。
なんて思っても、会社なくなったら困ります。

まあ、嫌な原因は色々あるし、人の事情も様々なので一概には言えませんが、
仕事がつまらない、職場の人と話が合わないというのがあるなら、動く時期が近付いているのかもしれません。

人間、平和な時は動きません。
ゆるく、ぬるくなっていきます。
緊張感の薄い、弛緩した状態。
それはマンネリだったり、日常の習慣だったりします。
刺激は少ない。
すると感性が鈍ってきて、生きる力が弱まっていきます。
本能はそれを察知して、生きる力を取り戻そうとします。

「もう、ここは自分がいる場所じゃない」
そんなことを潜在的に感じているんです。

世の中がずっと今までと同じ流れなら、そんな意識も目覚めなかったでしょう。
でも、感じている危機。
このままでは生きていけない。

その意識が「会社が嫌」という思いになっているのです。

とはいえ、会社を変わっても大きな変化はありません。
すぐに同じような状態になるだけです。

じゃあ、どうするか。

<個人で仕事をする>んです。

自分で仕事を作って自分で稼ぐ。

会社の仕事という人に与えられた仕事ではなく。
分業というパーツではなく。

主体的にビジネスを構築から稼ぐところまで一連をやる。
これほど生きる力を付けるものはありません。

自分の名前、能力、ビジネスで勝負です。
刺激と緊張感は会社員の比ではありません。

会社を辞めたくても辞められないのなら、個人ビジネスを始めるしかありません。

自分のビジネスが楽しくなれば、会社のことはあまり気にならなくなります。
(別の意味で早く辞めたくなりますが)
会社とは別の収入源を手に入れれば、いつでも会社を辞めやすくなります。
個人ビジネスしていると会社の仕事も上手くいくので、嫌じゃなくなります。

そして、個人ビジネスをやっていれば逆転できます。
会社にいれば上下関係は固定化されることが多いのでどうしようもないですが、個人ビジネスは化ければ、成功して一気に逆転できる可能性があります。

そんな期待を持つことで「会社が嫌」が少し和らぐと思います。
まずは自分のビジネスを考えてみましょう。
今日は自分のビジネスを夢見てワクワクしながら眠りについてくださいね。


起業家志望ランキング

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI
https://startlikes.com/nariwainari

デビューカフェは披露する場所がない、店舗がない個人起業を目指す人にデビューするステージを用意して、個人ビジネスデビューをしていただくサービスです。
個人ビジネスデビュー応援団長:内橋康彦といっしょに個人ビジネスを始めましょう。

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

デビューカフェメルマガ