新元号をまだ知りません

新元号をまだ知りません

自分だけ知らない違和感

2019年4月2日の時点でまだ新元号を知っていない。
本当はリアルタイムに見ようと思っていたが、11:30に発表されず用事がありリアルタイムで見れないなら、知らないでおこうと思った。
2日の朝の時点ではほぼ全ての人が新元号を知っているのだろう。
皆の頭の中にある「○○」という元号の文字が自分の頭にない違和感。
ちょっと置いて行かれている焦燥感。
そして、本当は死ぬほど知りたい欲求。
けどまあ、そのなんとも言えない感覚を楽しもう。
発表前は新元号を「知る」人は特別な人であった。
発表後は新元号を「知らない」人が稀有な存在である。

ゾンビ好きの例えで言えば映画の冒頭は少数のゾンビが、映画終盤ではほとんどゾンビになり人間が希少になるようなものだ。

このビックニュースから逃れる困難

新元号に触れずに生きようとするのは、この情報化時代には困難極まる。
まず、ネット、テレビは絶対に見れない。
あと、新聞や他人のスマホの画面だ。
私は超近眼なのでコンタクトレンズを外せば、ほぼまともに見えない。
だからフェイスブックも文字を読まずに「いいね」が出来る。
(ごめん、内容読んでない)

会話もシャットダウンすべくイヤホンで音楽を聴く。
しかし、人間、見てはいけない、聞いてはいけないと思えば思うほど見たくなるし、聞いてしまう。
新聞は一面デカデカと何か書いてあるのがぼんやりだがチラッと見えそうになる。慌てて目を伏せる。
耳は音楽を無視してダンボになる。
皆が元号の話をしているんじゃないかと錯覚する。
しかし、会話では話しているのは聞こえてこなかった。
まあ、元号について語り合う人はあまりいないか・・

1日でクタクタに疲れる

正直、いつどこに地雷があるかわからず、それを警戒して生きるのは非常に疲れる。別に知ってしまったところでどうということはないのであるから。
なので、この後知ることにする。
もうしんどいし、早く知りたい。
菅官房長官の発表シーンも見たい。

今回の元号決定って隠す必要はあったのか?

昭和→平成は昭和天皇が危篤であられたため、元号を決めるという行為は公に出来ないのはわかる。
しかし、今回は譲位なのだから、厳重に秘密にする必要はあったのだろうか?
状況が全く違うのに同じやり方というのはどうなんだろう。
さて、スマホでチェックしよう。

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ  nariwainari

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!