ミスマッチ
acworksさんによる写真ACからの写真

スキルのミスマッチは自信を失わせる

私もIT土方なので、色んな現場にいきます。
その時、ミスマッチな案件を持ってくる営業がいます。
得意なスキル、不得意なスキルとかあり、相手も求めているスキルがあるわけで、それは事前にわかるだろうと思うわけです。

わたしは職業訓練校でパソコン講師をしていた時があります。
今まで、これといったスキルがない人達(求職者)がエクセル、ワードを使えるように一生懸命頑張っていました。
マイクロソフトのMOS試験を必死にやって資格を手に入れていました。
(いままで正直勉強をあまりしてこなかったであろう人がめちゃくちゃ勉強していました)
いざ、資格を引っ提げて就職だ!
といっても仕事で使ったことがないわけです。
初心者ってわかっているわけです。

で、派遣の営業とかは「初心者でも大丈夫、意欲があれば!」なんて言ってきます。
なんとか仕事でエクセルが使えれば!資格も取ったし頑張ろうと面接に行くと。

雇う側の担当者は関数が使えるのか?マクロは、VBはとか言ってくるんです。
表を作ったり、SUMとか覚えたけど、他の難しい関数とか、マクロ、VBなんて全くわからない。
VBを使ってエクセル資料を作ってもらいます。なんて言われても、そんなとこ勉強していません。
そりゃ、そうです。基礎的な事務書類を作るレベルしか勉強してませんから。
けれど、最初なんだから仕方がない。
だから、初心者でも使ってくれる職場を紹介してくれるんじゃないのか?と思うわけです。

雇う側もマクロ,VB使える人という要望だと思うんです。

それは事前のスキルを見合わせればミスマッチだとわかるでしょう。
それなのに引き合わせる派遣の営業はアホなのか?
お互い求めるものが違うのだから時間の無駄でしょう。
しかも、一番許しがたいのは求職者の自信を失わせること。

せっかく一生懸命勉強して資格まで取得して、少し自信が芽生えようと言う時に、高度なエクセルの話をして求職者の自信を崩壊させてどうする。

何とかねじ込もうと言う魂胆か、ちょっとわかると言えとか、今のエクセルスキルをアピールしろとか言ってくる。
もちろん、無謀なるチャレンジも有りですが、即、結果を求められたらしんどいでしょう。
やったことがないことを自信を持って「できます」なんて、普通の人は言えません。
もう、面接途中で泣きそうになります。

派遣業者のレベルが低い

まあ、派遣会社の営業なんてレベルが低いと思います。
なんていうか、人間に興味を持ち、働く人をどう幸せに導くか、依頼主にどういい人を紹介できるか、働く人、雇う人双方がどうやったら幸せになるかを考えて、勉強したこともないのでしょう。
だから、平気でミスマッチをする。
とにかくどこでもいいから入れてピンハネすることしか考えていないわけです。

そう考えると、派遣会社の営業ってカス・・・
そんなところに頼っちゃいかんということです。

人生100年、絶対スキルチェンジが必要な時代に、チャンスがない

100年通じるスキルなんて、ほとんどありません。
集客とか永遠なるスキルでもやり方は日々変わっていきます。
そりゃ企業は即戦力が欲しいのはわかります。
ならば、国がスキルチェンジしたい人へチャンスを作るべきなのかなあと思います。
それは学校とかではなく、職場、現場で仕事の中で身に付けていく。
そうじゃないと、人手不足は解消しません。
余っている職業からチェンジしてもらって人手不足を解消させるのが一番だと思います。
人のスキルをどうこう言っている雇う側の会社の責任者だって、今度は自分が未経験の世界に行くことになるんです。
誰もがスキルチェンジが必要な時代、今自分が得意な場所にいるからといって偉そうにしていたら、いずれ報いを受けると思いますよ。
世の中、回り回ってやってきます。

最後は個人で新しいスキルを身に付ける

でもね、国や会社に頼ったって、裏切られるものです。
最後に信じられるのは自分。
自分で勉強して、ビジネスをしていくのみです。
幸いに会社という組織は滅びていき、個人と個人が結び付く世界になっていきます。
個人で強くなりましょう。
高待遇にしますので派遣させてください。派遣のクズ営業にそう言わせてやりましょうよ。ね。