ネットビジネスの難しさ、コミュニケーション・匿名

ネットのコミュニケーションって難しい

ネットビジネスは始めやすいし、やりやすいので副業でおすすめと言われます。
まあ、対人関係のないものなら、そうかもしれません。
しかし、ネットでお客さんとやりとりする場合、中々難しい部分があると思うんです。
それはコミュニケーション。
対面でも難しいコミュニケーションがネットで出来るのか?
と思うわけです。
うまく行く場合もありますが、会ったこともなく、顔もよくわからない、名前も本当かわからない相手とのやりとりって、ちょっとしたことで困難になります。

特にデザインとか設計とか細かい話などが絡むと、上手く伝えられない、相手に伝わらないことがあります。

要望などを書く時も、その言葉のニュアンスをどう受け止めるかで、否定されている、非難されている、怒っているなど印象が変わってきます。
文章で伝えるのは本当に難しいと思います。

ライターの仲間の一人はランサーズなどのネットの仕事は相手が見えず、怖くて出来ないと話していました。

別の人はやりとりが上手くいかず、めちゃくちゃ疲弊して、2度とネットの仕事はやらないと言っていました。

世の中、皆がみんな的確に自分の思っていることを伝えられるわけではありません。
持っている知識や常識としている考えも違うでしょう。

そして相手がどんな性格で、どんな考えでという人間性がわからなければ、話なんて通じるわけがない。

ネット上にも色々なトラブルの話が散見されます。
そして、そんなトラブルに会うと、もうやりたくなくなります。

私はやっぱり最初ぐらいは対面で会った方がいいと思います。
何か空気と言うか、波動というか、そういうものを感じられると思うからです。

匿名で仕事するのは不公平

ランサーズなどのクラウドソーシングの仕事などでは匿名で仕事をしている人が多い。
副業でばれたくないので、仕方なく匿名という人もいるでしょう。
けど、なんて言うか、匿名って、ちょっとずるい気がします。
何かあっても、本名の自分は守られるみたいな・・
それでも仕事をする前なら、まだいいんです。
けれど、一緒に仕事をしよう、仕事をお願いしようと言う時に、こちらが実名で来ているのに、相手はずっと匿名のまま。
相手が直球で来ているのだから、そっちも直球で返せと思うわけです。
個人のやり取りでは実名を名乗って欲しいと思います。

副業は対面がいいと言う方は対面でやりましょう。

ネットビジネスは対象が無限大ですが、個人がビジネスをする場合、数百人が相手で十分です。それに告知などはネットを使うわけなので、まったくのアナログと言うわけではありません。
セラピーなどの接触系のサービスは対面しかできませんが、カウンセリングやコーチングなどはスカイプなどのネット通信でも出来ます。
けれど、ああ言うネット通信とか電話・・私は苦手です。
それはやっぱり空気・波動が・熱が伝わってこないから。
人間、気配ってあります。元気な人に会うと元気になるように。

私は人と直接会いたい、という人もいると思います。
何でもかんでもデジタル、インターネットにしなくてもいい。

私がやっているNariwainariはそんな対面ビジネスがしたい人が集まるステージです。
ぜひ、一度覗きに来てくださいね。

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ  nariwainari

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール