裁縫が得意ならそれをビジネスにしよう

個人ビジネス(起業・副業・複業)の基

個人ビジネスは得意なことがあればそれを使うというのが一番いいですね。
やはり、得意なことは好きだし自信もあります。

今回は「裁縫」
縫い物の小物や服を作ったり。これ私からすると「すげー」と感心します。
よくあんな細かいというか緻密というか、そんな作業ができるなあと・・

さて、これをビジネス化することを考えた時、
まずは裁縫で作ったもの(小物や服)を「売る」ということが考えられます。
誰でも考えますわなあ。
問題はどうやって売るのか?
ひとつはネットショップです。
(最近は簡単に作れるのでITの詳しい知識は不要です)
ただ、数多のサイトがひしめく世界ですから、ここから即売れるというのは難しいですね。
古美術商のお店みたいにディスプレイ的に作っておくといいと思います。

そのうえでフリーマーケットなどあれば出店してみる。

最初はこんな感じですね。

裁縫でビジネス

そこから
ブログなどで縫い物のテクニックなどを発信しながら
「裁縫」を教えていきます。
そしてリアルに「裁縫教室」をやります。
教えることで「先生」という格も付いてきます。

生徒さんや仲間が増えたら「自作縫い物フリーマーケット」を自分で開催してもいいでしょう。
売る場所を自分で作るのが一番早い。

そして自分の商品、ビジネススタイルを構築していきましょう。
自分の裁縫の特徴は何か?
例えば「赤色しか使わない」とか「素材が紙」だったり、縫い方が特殊だったり。
何か他にはない要素を見つけアピールしていく。

得意で好きだったら「こだわり」があるはず、そこを出して行くことが大切です。

自分の作った商品が売れるのか?試してみたいなら
実践個人ビジネス空間
なりわいなり~
http://nariwainari.strikingly.com
にチャレンジしてみてください。

Follow me!