才能はそこにある

自分の得意なことを見つける1つの方法として、

「手は上げないが頼まれたらやってみてもいい」
「あっ、ちょっとやってもいいかな」
と思ったことが得意なことです。

例えば、イベントの出し物で落語か漫才なんかどう?という提案があったとしましょう。
その時、ちょっと落語習っていたとします。

人前に出るのは苦手でも実は「落語」できるんですよ~。と心の中で叫びたくなると思います。
「手は上げないが頼まれたらやってみてもいい」
「あっ、ちょっとやってもいいかな」
と思うわけです。

そして躊躇していると、A君が「落語」やりますと手を上げます。
なんとも悔しい気分です。が今さら自分もやりたいと言えない。

で、A君が落語を披露します。
それは落語と呼べるようなものではありませんでした。
「ああ~そんなん落語じゃない、くそー本当の落語を見せてやりたい」
とイライラします。

そう、この人がやっているのを見て「自分の方がうまいのに」とイライラする。
もうそれはあなたが得意と言っているのと同じです。

得意なことはプロの落語家と比べることではありません。
自分が得意と思っていればいいのです。
比べるならA君でいいのです。

あなたも自分の「得意」を考えてみてください。

あなたの得意なこと、自信のあることを明確にできる
「10/19(水)コミカレOSAKA・理想の自分のキャラクター作り講座」
http://kokucheese.com/event/index/417700/