【子どもはシビア】

先日、子供会の遠足に同行しました、(役員なので)
行先は京都のコカコーラ工場と京都青少年科学センター。
(面白かったです私は)
私の住んでいる奈良の生駒から40分ぐらいの近場です。
そのため、時間の関係上ビンゴが出来ずにくじ引きに。
「くじ引き9時から始まるよ~」(ほんとに9時だったんですが)
というと子供らから「面白くない」と冷たく言われます。しゅん。

そしていざ、くじ引きです。
商品は7つ。最初の三つは「シャボン玉セット」とアナウンスすると
「えーいらんは、当たらんとって」
つぎの二つは「知恵の輪~」
「何それ、いらんやろ」
次は「ペーパークラフト」
「えーいやいや~当たらんとって」
最後は花火セット
「え~それが1等?任天堂スイッチかと思ってた」

と役員が集まって考えた景品はことごとく駄目だしされました。
いったいどんな景品を期待してたんだろうか。子供会の予算では
こんなもんだと思います。。
しかし、確かにあんまり面白くない景品だとも思います。
もうちょっと面白いやつ考えてもよかったかも。
けど、これはお母さん方で決めたので旦那衆は口出しできず。

水の中
ただ、これは子どものニーズ、いやニーズを超えた「感動」を
与えるようなものを考えるのが個人ビジネスにも繋がるなあと
感じました。子供はわかりやすいだけにいい訓練になったかも。

さて、あなたなら、どんな景品を考えますか?

デビューカフェメールマガジン(購読無料)
デビューカフェメルマガ